電子航法研究所
English
用語集 FAQ リンク サイトマップ サイトポリシー お問い合わせ
HOME 研究のご紹介 研究成果のご紹介 ENRIついて 情報公開 お知らせ
HOME > 研究のご紹介>高精度測位補正技術に関する研究
研究のご紹介 研究のご紹介

研究のご紹介

準天頂衛星を用いる高精度測位技術に関する研究

我が国ではGPSによる測位の利用が拡大してきており、自動車・歩行者のナビゲーションや測量分野など広い分野で利用されています。
しかし、GPSには、山影や都市部のビル影等により衛生からの電波を受信できない地域があり、必ずしも、どこでも、いつでも測位サービスを受けられるわけではありません。
さらに、GPSによる測位精度は、鉄道や高速道路を走る自動車などの高速移動体にとっては十分ではない場合があり、列車の運行管理や、車の位置情報を利用する事故防止装置による安全な交通システムの構築には、新たな測位技術の開発が必要となっています。
当研究所は、天頂付近に見える準天頂衛生を用いて、1メートル以下という測位精度を実現する新たな高精度測位補正技術に関する研究を実施しています。

高精度測位補正技術概念図(High-Accuracy Positioning System with GPS)

Copyright