WWW を検索 enri.go.jp を検索
用語集 プレスリリース 案内図 採用情報 FAQ お問い合わせ
HOME > 研究のご紹介> 軌道ベース運用による航空交通管理の高度化> 次世代 GNSS に対応した航法システムの性能向上に関する研究
研究のご紹介 研究のご紹介

研究のご紹介

研究施設のご紹介


次世代 GNSS に対応した航法システムの性能向上に関する研究

次世代 GNSS に対応した航法システムの性能向上に関する研究航空機の航法には従来より地上に設置された無線施設が使用されてきていますが、近年は衛星航法システムGNSS(Global Navigation Satellite System)の利用が進められています。現在のところ航空機に搭載できるGNSS 受信機は米国のGPS(Global Positioning System)しか対応していませんが、近い将来にはロシアのGLONASSや欧州のGalileo など複数のGNSS を利用できる次世代GNSS 環境が整いますので、これにより航法の性能を向上することが期待されています。航空機がGNSS を航法に使用するためにはSBAS あるいはGBAS といった補強システムを併用する必要があり、複数のGNSS を利用するには補強システムもまた複数のGNSS に対応しなければなりません。

一方、GNSS に対しては 300~400km 上空にある電離圏による影響が大きいことが知られています。すなわち電離圏の活動が活発になるとGNSS の性能が低下することが課題となっています。この対策として、日本付近の電離圏の特性を徹底的に調べ直し、GNSS に与える影響を正確に知ることにより、日本でGNSS の性能を最大化する研究を行っています。さらに進んだ手法として宇宙天気情報の活用を考えることができます。宇宙天気情報により電離圏の活動に関する予報を得ることで、性能の低下をなるべく抑えるわけです。

本研究では、次世代GNSS 環境に対応した航法システムの開発を行うとともに、宇宙天気情報やSBAS‐GBAS間の連携といった手法により航法システムの性能を改善し、いつでもどこでも利用できるようにするための技術開発を行います。

ATMパフォーマンスの研究

担当研究員 坂井丈泰・齋藤享・吉原貴之・毛塚敦・麻生貴広・北村光教・伊藤憲・星野尾一明