用語集 プレスリリース 案内図 採用情報 FAQ お問い合わせ
HOME > 成果普及 > 特許 > 特許一覧
成果普及 特許

研究所報告

技術資料

研究発表会

特許
 特許情報プラットフォーム
 (独)工業所有権総合情報館・研修館
 特許流通データベース
 (独)工業所有権総合情報館・研修館

国際標準化活動

ICAO

RTCA ◆ EUROCAE

特許一覧


NO. 198-3

名称

遠隔型飛行場援助業務用情報表示機能及び空港情報表示機能付き電子計算機(意匠)
発明者 井上諭
出願年月日 2019/3/26
登録番号 1648469
登録年月日 2019/11/29
要約 航空管制業務において、リモートレディオ(Remote Radio)業務を行う環境で使用するための遠隔型飛行場援助業務用の情報のうち、カメラ映像及びカメラ操作ボタン、Traffic Information Log等を表示するレイアウトの意匠。


NO. 198-2

名称

航空機情報表示機能及び空港情報表示機能付き電子計算機(意匠)
発明者 井上諭
出願年月日 2019/3/26
登録番号 1648468
登録年月日 2019/11/29
要約 航空管制業務において、リモートレディオ(Remote Radio)業務を行う環境で使用するための遠隔型飛行場援助業務用の情報のうち、レーダ画像と多目的情報を表示するエリア及び操作ボタンのレイアウトの意匠。


NO. 198-1

名称

遠隔型飛行場援助業務用情報表示機能付き電子計算機(意匠)
発明者 井上諭
出願年月日 2019/3/26
登録番号 1648467
登録年月日 2019/11/29
要約 航空管制業務において、リモートレディオ(Remote Radio)業務を行う環境で使用するための遠隔型飛行場援助業務用の情報のうち、滑走路及び空港周辺のリアルタイム映像と気象情報を表示するレイアウトの意匠。


NO. 195

名称

衛星航法システムにおける測位誤差の修正方法及びその装置。
発明者 坂井丈泰
出願年月日 2017/10/3
登録番号 6440217
登録年月日 2018/11/30
要約 電離層の変動が大きい地域における電離層による伝搬遅延の測位誤差を減少させ、測位精度を改善する補正方法およびこの方法を用いた測位誤差を補正する装置。


NO. 194

名称

GNSSを用いて航法を行う機能を有する航空機の航法性能の推定方法及び推定装置、並びに航空機の航空性能の劣化を検出する方法及び航空機の航法性能の監視装置
発明者 麻生貴広
出願年月日 2017/4/7
登録番号 6288745
登録年月日 2018/2/16
要約 航法にG N S S を用いた飛行中の航空機の航法性能を地上で推定するとともに、その劣化を検出する方法および航空機の航法性能の監視装置。


NO. 193

名称

端末制御信号の送信装置
発明者 米本成人、角張泰之、(三重大学)
出願年月日 2017/9/28
登録番号 6892645
登録年月日 2021/6/1
要約 外部からの電波(例:GPS信号)が届きにくい屋内や半屋内の環境に多数のユーザが存在する状況下において、ユーザの移動端末に対し、それぞれの移動端末の座標に応じた端末制御信号を送信する装置。


NO. 191

名称

レーダ装置における相互干渉を回避する方法及びこの方法を用いた監視装置
発明者 二ッ森俊一、森岡和行、河村暁子、米本成人
出願年月日 2015/6/11
登録番号 6195278
登録年月日 2017/8/25
要約 高周波数帯のレーダ信号を長距離伝送可能で、同一のレーダ信号を複数のアンテナから送信した場合のレーダ装置における相互干渉を回避する方法、およびこの方法を用いた監視装置を提供する。


NO. 190

名称

衛星航法システムにおける測位誤差の補正方法及びその装置
発明者 坂井丈泰
出願年月日 2016/1/23
登録番号 6332874
登録年月日 2018/5/11
要約 DGPS補正方式における電離層遅延による測位誤差を減少させ、測位精度を改善する補正方法およびこの方法を用いた測位誤差を補正する装置。


NO. 189

名称

衛星航法システムにおける測位誤差の補正方法及びその装置。
発明者 坂井丈泰
出願年月日 2014/1/25
登録番号 5818178
登録年月日 2015/10/9
要約 電離層の変動が大きい地域における電離層による伝搬遅延の測位誤差を減少させ、測位精度を改善する補正方法およびこの方法を用いた測位誤差を補正する装置。


NO. 183

名称

自律神経の状態評価システム
発明者 塩見格一
出願年月日 2011/7/20
登録番号 5812265
登録年月日 2015/10/2
要約 音声データから自律神経の状態を評価するシステム。


NO. 182-2

名称

直線偏波の制御方法及びその装置(No.182_分割出願)
発明者 二ッ森俊一、米本成人、河村暁子
出願年月日 2013/7/11
登録番号 5598879
登録年月日 2014/8/22
要約 構造や製造方法も簡単で低コストで、さらに高周波数帯(ミリ波帯以上)においても使用可能で、高比強度、且つ、広帯域な直線偏波の制御方法及びその装置を提供すること。


NO. 182

名称

直線偏波の制御方法及びその装置。
発明者 二ッ森俊一、米本成人、河村暁子
出願年月日 2011/4/26
登録番号 5376470
登録年月日 2013/10/4
要約 構造や製造方法も簡単で低コストで、さらに高周波数帯においても使用可能で、高比強度、且つ、広帯域な直線偏波の制御方法及びその装置を提供すること。


NO. 180

名称

衛星航法システムにおける電離圏異常を検出する方法及びその装置
発明者 藤田征吾
出願年月日 2010/8/20
登録番号 5305416
登録年月日 2013/7/5
要約 1周波数のみの観測データを用い、基準局とモニタ局間の基線長に影響されない衛星航法システムにおける電離圏異常を検出すること。


NO. 179

名称

衛星航法システムにおける測位誤差の補正方法及びその装置
発明者 坂井丈泰
出願年月日 2010/3/25
登録番号 5305413
登録年月日 2013/7/5
要約 1周波型GPS受信機の測位誤差を小さくする。


NO. 177

名称

GPS衛星信号の品質監視機能を有するGPS衛星信号監視方法及びGPS衛星信号の品質監視機能を有するGPS衛星信号品質監視装置
発明者 齊藤真二
出願年月日 2009/6/4
登録番号 5305395
登録年月日 2013/7/5
要約 単独のGPS受信機により、GPS衛星の故障による信号歪みを検出するとともに、この信号歪みによりどれだけ誤差が検出されたかを実際の数値として判定するGPS衛星信号品質監視方法およびGPS衛星信号の品質監視機能を備えたGPS衛星信号品質監視装置を提供する。


NO. 175

名称

作業監視システム
発明者 塩見格一
出願年月日 2008/10/31
登録番号 4936147
登録年月日 2012/3/2
要約 実際の作業中の監視対象者が、その作業を正しく実行できる適正な状態にあるかどうかを正確に監視することができる監視システムを提供する。


NO. 174

名称

作業適正判定システム
発明者 塩見格一
出願年月日 2008/10/31
登録番号 5035567
登録年月日 2012/7/13
要約 具体的な作業に対する適正をより正確に判定できるシステムを提供する。


NO. 173

名称

全方向性を有する誘電体レンズ装置を用いた電磁波の反射器を有するアンテナ
発明者 米本成人、河村暁子
出願年月日 2008/10/28
登録番号 4812824
登録年月日 2011/9/2
要約 反射器を有する誘電体レンズを用いたアンテナを提供する。


NO. 170-1

名称

天頂対流圏遅延量の算出方法及び衛星測位信号の対流圏遅延量の補正方法(アメリカ)
発明者 武市昇、坂井丈泰、福島荘之介、伊藤憲
出願年月日 2007/12/28
登録番号 US8,665,146, B2
登録年月日 2014/3/4
要約 人工衛星や天体からの電磁波が、対流圏を通過する際に生じる対流圏遅延を補正するために、リアルタイムに天頂対流圏遅延量の推定値を算出する方法に関するものである。


NO. 169

名称

衛星航法システムにおける電離層遅延量の補正方法及びその装置。
発明者 坂井丈泰
出願年月日 2007/9/25
登録番号 4644792
登録年月日 2010/12/17
要約 静止衛星型衛星航法システム(SBAS)における電離層遅延量の推定値に関する信頼区間を短縮する。


NO. 168-2

名称

ミリ波レーダ組み込み型ヘッドランプ(アメリカ)
発明者 米本成人、河村暁子
出願年月日 2005/7/27
登録番号 8803728
登録年月日 2014/8/12
要約 車両前方の物体検出を行うためのミリ波レーダ組み込み型ヘッドランプにおいて、シェードを備えたプロジェクタ型の灯具ユニットを採用した上で、その投影レンズをミリ波用電波レンズとして共用し、かつ、ミリ波レーダのアンテナ部の構成に工夫を施すことにより、その見映えを損なうことなく、かつ、コンパクトで簡素な構成とした上で、ミリ波レーダとしての機能を確保することができるミリ波レーダ組み込み型ヘッドランプ。


NO. 168

名称

ミリ波レーダ組み込み型ヘッドランプ
発明者 米本成人、河村暁子
出願年月日 2010/5/11
登録番号 4919179
登録年月日 2012/2/10
要約 車両前方の物体検出を行うためのミリ波レーダ組み込み型ヘッドランプにおいて、シェードを備えたプロジェクタ型の灯具ユニットを採用した上で、その投影レンズをミリ波用電波レンズとして共用し、かつ、ミリ波レーダのアンテナ部の構成に工夫を施すことにより、その見映えを損なうことなく、かつ、コンパクトで簡素な構成とした上で、ミリ波レーダとしての機能を確保することができるミリ波レーダ組み込み型ヘッドランプ。


NO. 165

名称

外部雑音改善型発話音声分析システム
発明者 塩見格一
出願年月日 2007/3/30
登録番号 5050180
登録年月日 2012/8/3
要約 カオス論的発話音声分析装置の算出する診断値に対してその信頼性を評価する信頼性指標値( 信頼性情報) を同時に算出することにより、カオス論的発話音声分析装置の運用における信頼性の向上を図ることができる外部雑音改善型発話音声分析システム。


NO. 151-2

名称

誘導体レンズを用いた装置 (アメリカ)
発明者 米本成人、((株)レンスター)
出願年月日 2005/7/27
登録番号 US8,471,757 B2
登録年月日 2013/6/25
要約 電波帯域と光帯域の両方で使用可能な誘電体レンズと、この誘電体レンズを用いた装置。この装置は、誘電体レンズの焦点に、電磁波を反射するための反射器または電磁波を生成するための発生器を備えている。


NO. 150

名称

航空路管制用管制卓における順序・間隔付けヒューマンインタフェース装置
発明者 塩見格一、金田直樹
出願年月日 2005/6/21
登録番号 4590559
登録年月日 2010/09/24
要約 管制指示を発出するに際し、各航空機の機種の特性を考慮した上で航空機の飛行状況を表示できるとともに、その表示画面を高度軸に基づく表示とすることで航空機の上昇時/下降時の安定表示を行う。また、CPDLCメッセージを自動作成するに際し、そのCPDLCメッセージの発出対象の航空機の機種の性能を考慮する。


NO. 149

名称

航空管制システム及び航空管制システムで用いられる携帯情報端末
発明者 塩見格一、金田直樹
出願年月日 2005/6/21
登録番号 4625954
登録年月日 2010/11/19
要約 管制卓と同様の画面を携帯情報端末に表示させるとともに携帯情報端末から管制指示の作成及び発出を可能とした航空管制システム及び航空管制システムで用いられる携帯情報端末を提供する。


NO. 148

名称

電波装置(アメリカ国内)
発明者 米本成人
出願年月日 2005/3/9
登録番号 US 7,446,730 B2
登録年月日 2008/11/4
要約 波長の短い電波帯域において、アンテナの受信電波の損失とアンテナを保護するためにアンテナ開口部を覆う部材の機械的強度との間で、相反する技術的課題が存在する。この発明は、このような問題に鑑みてなされたもので、レドームで使用している部材による電磁界遮蔽、吸収、散乱の影響を小さくし、堅牢かつ軽量なレドームを安価に提供することをその目的とする。


NO. 147

名称

画面情報表示方法、システム及びコンピュータプログラム (アメリカ国内)
発明者 塩見格一
出願年月日 2004/1/26
登録番号 US 7,091,994 B2
登録年月日 2006/8/15
要約 複数のウィンドウが重なり合って状況の変化が把握困難になったり、必要な情報を見るための操作が煩雑になることなく、多くの情報を、優先度を考慮して使い勝手よく表示する表示システムを提供する。


NO. 146

名称

移動体の測位方法及びその測位装置
発明者 古賀禎、田嶋裕久
出願年月日 05/02/21
登録番号 4736083
登録年月日 11/05/13
要約 監視区域がマルチパスの発生しやすい電波障害物の多い区域においても高精度の測位が可能な移動体の測位方法及びその測位装置を提供する。


NO. 144

名称

誘電体レンズを用いた電磁波の反射器、発生器及び信号機
発明者 米本成人
出願年月日 2005/1/18
登録番号 3995687
登録年月日 2007/8/10
要約 誘電体レンズ装置を用いた電磁波の反射器、発生器及び信号機の提供。


NO. 138

名称

高周波信号のデジタルIQ検波方法
発明者 田嶋裕久、古賀禎、小瀬木滋
出願年月日 2004/9/15
登録番号 3874295
登録年月日 2006/11/2
要約 高周波信号のデジタルIQ検波方法に関する発明。


NO. 137-1

名称

移動局及び移動局側通信制御方法及び基地局及び基地局側通信制御方法及び通信システム PCT出願(アメリカ国内)
発明者 塩見格一、金田直樹
出願年月日 2004/6/1
登録番号 US 7,640,014 B2
登録年月日 2009/12/29
要約 緊急通信等を発したときに、単純かつ効果的な方法により緊急通信等を優先的に取り扱うことを目的とする。


NO. 135

名称

全方向性を有する誘電体レンズ装置。
発明者 米本成人
出願年月日 2004/8/19
登録番号 3822619
登録年月日 2006/6/30
要約 電波帯及び光波帯の両方に用いることの出来る球形誘電体レンズ、この球形誘電体レンズを用いて電磁波を受信する機能や反射する機能を有する誘電体レンズ装置を提供する。


NO. 133

名称

電波反射体を用いた移動体の航法方法
発明者 米本成人、塩見格一
出願年月日 2002/6/28
登録番号 3840520
登録年月日 2006/8/18
要約 ルーネベルグレンズを用いた電波反射体による移動体の航法方法に関する発明


NO. 132

名称

電波反射体を用いた測定装置(No.103 分割出願)
発明者 米本成人 
塩見格一
出願年月日 2002/6/28
登録番号 3772191
登録年月日 2006/2/24
要約 ルーネベルグレンズを用いた電波反射体と走査側装置とからなる測定装置に関する発明。


NO. 130

名称

誘電率の測定方法及び誘電率測定装置(No.97 分割出願)
発明者 横山尚志
出願年月日 2001/9/6
登録番号 3988828
登録年月日 2007/7/27
要約 積雪に人為的な作業を施すことなしに積雪の誘電率を測定することの出来る測定方法及び誘電率測定装置に関する発明。


NO. 128

名称

航空管制業務支援システム、航空機の位置を予測する方法及びコンピュータプログラム
発明者 塩見格一
出願年月日 2006/10/13
登録番号 4355833
登録年月日 2009/8/14
要約 航空交通管制において、管制空域での航空機の位置情報及び管制官の判断を学習データとして構築した予測モデルを用いて将来の位置を予測し、航空機の運航に異常が発見された場合に管制官に通知することにより、より安全で効率的な航空機の運航に対する信頼性を向上させる。


NO. 127-1

名称

大脳評価装置(PCT 日本国内)
発明者 塩見格一
出願年月日 2004/4/28
登録番号 4500955
登録年月日 2010/4/30
要約 被験者の発話音声信号に基づいて、その発話音声信号を、その信号の周期性を利用したカオス論的信号処理を用いて分析を行い、被験者の大脳の状態を評価する大脳評価装置を提供する。


NO. 126

名称

航空管制用インターフェース装置、その制御方法およびコンピュータプログラム
発明者 塩見格一
出願年月日 2004/3/29
登録番号 3888688
登録年月日 2006/12/8
要約 航空管制に使用するレーダ管制卓において画像情報や音声情報を蓄積できる装置を提供し、管制官の業務負担を軽減させる。


NO. 125

名称

電波装置
発明者 米本成人
出願年月日 2004/5/18
登録番号 3845426
登録年月日 2006/8/25
要約 波長の短い電波帯域において、アンテナの受信電波の損失とアンテナを保護するためにアンテナ開口部を覆う部材の機械的強度との間で、相反する技術的課題が存在する。この発明は、このような問題に鑑みてなされたもので、レドームで使用している部材による電磁界遮蔽、吸収、散乱の影響を小さくし、堅牢かつ軽量なレドームを安価に提供することをその目的とする。


NO. 124

名称

移動局及び移動局側通信制御方法及び基地局及び通信システム
発明者 金田直樹、塩見格一
出願年月日 2004/3/3
登録番号 4107432
登録年月日 2008/4/11
要約 緊急通信等を発したときに、単純かつ効果的な方法により緊急通信等を優先的に取り扱うことを目的とする。


NO. 120-1-1

名称

カオス論的指標値計算システム(PCT出願 日本国内 分割)
発明者 塩見格一
出願年月日 2003/12/26
登録番号 4989618
登録年月日 2012/5/11
要約 時系列信号をカオス論的手法により解析を行い、そのカオス論的指標値を計算するシステムを提供する。


NO. 120-1

名称

カオス論的指標値計算システム(PCT出願 日本国内)
発明者 塩見格一
出願年月日 2003/12/26
登録番号 4317898
登録年月日 2009/6/5
要約 時系列信号をカオス論的手法により解析を行い、そのカオス論的指標値を計算するシステムを提供する。


NO. 114

名称

無線通信ネットワークシステムおよび無線ネットワークシステムの制御方法
発明者 二瓶子朗
出願年月日 2002/11/19
登録番号 4097133
登録年月日 2008/3/21
要約 移動局相互の干渉に基づく混信による通信品質の劣化を回避し、移動局の収容台数の増加を図り、運用エリアの確保を容易とする。


NO. 113

名称

無線通信ネットワークシステム
発明者 二瓶子朗
出願年月日 2003/3/28
登録番号 4141876
登録年月日 2008/6/3
要約 基地局と移動局間の無線通信におけるチャンネル容量を、異なる周波数帯の信号間で混信を生じさせることなく増大できる。


NO. 112

名称

無線ネットワークシステム、移動局および移動局の制御方法
発明者 二瓶子朗
出願年月日 2002/11/19
登録番号 4097254
登録年月日 2008/3/21
要約 移動局において精度の高い位置情報を取得できない場合であっても、位置情報の欠落を補完し、移動体測位システム全体の機能への影響を低減する。


NO. 108

名称

画面情報表示方法、システム及びコンピュータプログラム
発明者 塩見格一
出願年月日 2003/1/24
登録番号 4412701
登録年月日 2009/11/27
要約 複数のウィンドウが重なり合って状況の変化が把握困難になったり、必要な情報を見るための操作が煩雑になることなく、多くの情報を、優先度を考慮して使い勝手よく表示する表示システムを提供する。


NO. 107-6

名称

カオス論的脳機能診断装置 PCT出願(アメリカ国内)
発明者 塩見格一
出願年月日 2002/11/12
登録番号 US 7,678,047 B2
登録年月日 2010/3/16
要約 比較的簡便に、かつ人体に無理な負荷を加えることなく、脳疾病の初期状態及び進行状態の評価・診断を行う装置を提供する。


NO. 105-1

名称

航空管制用表示装置における航空機位置表示方法 (EP国内)
発明者 塩見格一
出願年月日 2002/10/23
登録番号 1450331
登録年月日 2005/12/28
要約 鳥瞰表示技術を利用した航空機の異常接近等を視認性良く表示するためのユーザ・インタフェース・デザイン


NO. 103

名称

電波反射体を用いた測定装置
発明者 米本成人、塩見格一((株)レンスター)
出願年月日 2002/6/28
登録番号 3623211
登録年月日 2004/12/3
要約 ルーネベルグレンズに個体識別機能を実現することによりその利用範囲を拡大する技術


NO. 101

名称

移動体測位方法及び移動体誘導方法
発明者 岡田和男、白川昌之、塩見格一、小瀬木滋、田嶋裕久、住谷泰人、米本成人
出願年月日 2002/3/29
登録番号 3826191
登録年月日 2006/7/14
要約 移動体測位方法及び測位結果を利用する移動体誘導方法。


NO. 98

名称

ILSのグライドパスのGP進入コース予測方法及びILSのグライドパスのGP進入コース予測装置
発明者 横山尚志
出願年月日 2001/9/6
登録番号 3752169
登録年月日 2005/12/16
要約 積雪の誘電率やGP反射面の地形及びこの前方に存在する前方地形をデータとしてGP進入コースを予測することが出来る。


NO. 97

名称

誘電率の測定方法及び誘電率測定装置
発明者 (NECトーキン梶Aトーキン・イ・エム・シ・エンジニヤリング(株)、青森大学)
出願年月日 2001/9/6
登録番号 3680113
登録年月日 2005/5/27
要約 積雪に電波を照射し、その反射波から積雪の誘電率を算出する測定方法で、外気温等による測定系の変動を防止するための校正法により精度良く自然積雪の誘電率を測定する方法である。


NO. 95

名称

目標検出システム
発明者 加来信之(三菱電機(株))
出願年月日 2001/12/10
登録番号 3613521
登録年月日 2004/11/5
要約 レーダクラッタのレベルを自動的に判断し、クラッタを抑圧するための最適な閾値を求める技術


NO. 94

名称

航空管制用表示装置における航空機位置表示方法
発明者 塩見格一((株)リアルビズ)
出願年月日 2001/10/24
登録番号 3579685
登録年月日 2004/7/30
要約 鳥瞰表示技術を利用した航空機の異常接近等を視認性良く表示するためのユーザ・インタフェース・デザイン


NO. 92

名称

無線ネットワークシステム
発明者 二瓶子朗、田中修一
出願年月日 2001/8/8
登録番号 4640721
登録年月日 2010/12/10
要約 各移動体の情報をデータベース化し、制御局又は・及びユーザ局表示装置に特定の移動局を表示し、各移動体の固有情報を入力して関連情報を自動的に表示装置に表示する。


NO. 91

名称

無線ネットワークを利用した移動局測位システム
発明者 二瓶子朗、田中修一
出願年月日 2001/8/8
登録番号 4640720
登録年月日 2010/12/10
要約 制御局、基地局、移動局における表示装置にて目視による移動局の識別を容易にする移動局測位システムを提供する。


NO. 90

名称

無線通信ネットワークシステム
発明者 二瓶子朗、田中修一
出願年月日 2001/8/8
登録番号 4716473
登録年月日 2011/4/8
要約 制御局及び移動局において、予め設定されている情報以外のテンポラリー情報を共有することができる無線通信ネットワークシステムを提供する。


NO. 89

名称

無線ネットワークシステム
発明者 二瓶子朗、田中修一
出願年月日 2001/8/8
登録番号 4716472
登録年月日 2011/4/8
要約 専用受信機を用いずに周辺移動局の位置情報を傍受することによって、周辺移動局監視機能を実現することができる無線ネットワークシステムを提供する。



top▲