WWW を検索 enri.go.jp を検索
用語集 プレスリリース 案内図 採用情報 FAQ お問い合わせ
HOME > 成果普及 > 研究発表会 > 2016年 研究発表会
成果普及 研究発表会

研究所報告

技術資料

研究発表会

特許

海外動向

 ICAO情報
 - ACP
 - ASP
 - NSP
 - SASP



2017年(第17回)研究発表会

2017年(第17回)研究発表会については、6月8日(木)・9日(金)の日程で開催致しました。当日の発表資料等はPDFで以下よりご覧いただけます。


Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧になるにはAdobe Reader が必要です。
まだお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。

※PDFファイルをお使いのパソコンに保存したい方は、一覧表のPDFアイコンを右クリックし「対象をファイルに保存」から、お使いのパソコンに保存して下さい。

発表会各講演に関するその他資料を希望する場合は、研究計画課まで御連絡下さい。場合により御要望に添えないこともありますのでご了承ください。



第1日 平成29年6月8日(木)

(○印は、講演者)
監視通信に関する研究について 監視通信領域長 仲田 貴文 プレゼン資料(3.70MB)

1 WAM受信局配置設計に向けた検出率予測モデル 我が国で導入が開始された広域マルチラテレーションにおいて、性能確保に重要な受信局配置設計に用いるため、検出率予測モデルを検討した結果を報告する。
〇長縄 潤一、宮崎 裕己、田嶋 裕久(監視通信領域)
講演概要(449KB)
プレゼン資料(2.02MB)
質問・回答(246KB)
2 ADS-B方式高度維持性能監視の評価結果 RVSM空域を飛行する航空機の安全性確保に必要とされる航空機の高度維持性能監視システムについて、ADS-B データを用いる方式を日本で導入する場合の評価結果を報告する。
〇 松永 圭左、宮崎 裕己(監視通信領域)
講演概要(930KB)
プレゼン資料(2.91MB)
質問・回答(66KB)
3 SWIMのコンセプトによる監視情報ドメイン構築に関する検討 航空交通情報共有基盤(SWIM)の最新技術動向を紹介し、SWIMのコンセプトによる監視情報ドメイン構築に関する検討結果を報告する。
〇呂 暁東、古賀 禎、住谷 泰人、塩見 格一(監視通信領域)
講演概要(817KB)
プレゼン資料(4.30MB)
質問・回答(96KB)
4 空港面異物監視システムの異物検知性能評価 光ファイバー接続型ミリ波レーダーと高感度カメラを用いた滑走路異物監視システムの異物検出試験の結果を紹介する。
〇米本 成人、河村 暁子、二ッ森 俊一、森岡 和行(監視通信領域)
講演概要(1.06MB)
プレゼン資料(5.30MB)
質問・回答(80KB)
5 ヘリコプタ前方障害物監視用ミリ波レーダの研究開発 ヘリコプタ前方障害物監視用ミリ波レーダについて、現在の研究開発状況および地上実験結果例を報告する。
○二ッ森 俊一、森岡 和行、河村 暁子、米本 成人(監視通信領域)、小林 啓二(宇 宙航空研究開発機構)、桂 信生(北海道放送)
講演概要(1.48MB)
プレゼン資料(1.50MB)
6 小型無人航空機の現状と監視通信における今後の展望 近年、小型無人航空機の利用が急速にひろがっている。その搭載装置の現状と今後の展望を紹介する。
○河村 暁子、二ッ森 俊一、森岡 和行、米本 成人(監視通信領域)
講演概要(1.24MB)
プレゼン資料(775KB)
質問・回答(112KB)

50周年記念特別講演
うみそら研統合1年を迎えて 海上・港湾・航空技術研究所 理事長 大和 裕幸
50周年について 電子航法研究所 前理事長 山本 憲夫
電子航法研究所の現状と長期ビジョン 研究統括監 小瀬木 滋 質問・回答(121KB)

第2日 平成29年6月9日(金)

航空交通管理に関する研究について 航空交通管理領域長 中島 徳顕 プレゼン資料(4.36MB)

7 洋上管制運用効率化のための経路設計に関する考察 北太平洋空域において、運航者自身が経路を作成するUPR運用が拡大された場合どのような運用課題があるのか、シミュレーション実験結果を報告する。
○平林 博子、マーク・ブラウン、福島 幸子(航空交通管理領域)
講演概要(659KB)
プレゼン資料(1.64MB)
8 福岡FIRにおける2013年から2030年の空港需要予測 将来の空港需要を把握するため、日本の最も交通量の高い8つの空港の2030年交通量を予測した。交通量予測方式と結果を報告する。
○ブラウン マーク、平林 博子(航空交通管理領域)
講演概要(851KB)
プレゼン資料(19.86MB)
9 関西国際空港へのRNP AR進入方式導入の可能性 関西国際空港へのRNP AR進入方式導入の可能性について航空管制リアルタイムシミュレーション実験を行って調べた結果を報告する。
○天井 治、松岡 猛(航空交通管理領域)
講演概要(972KB)
プレゼン資料(1.60MB)
10 航空機位置情報等を用いた出発走行時間の予測手法 空港面の航空機位置情報、およびプッシュバック等のイベントの時刻情報を用いて出発便の離陸時刻および出発走行時間を予測する手法の概要を述べる。
○山田 泉、青山 久枝、住谷 美登里(航空交通管理領域)
講演概要(571KB)
プレゼン資料(3.73MB)

航法システムに関する研究について 航法システム領域長 福田 豊 プレゼン資料(759KB)

11 進入経路上における管制間隔の気象の影響評価 高カテゴリーGBAS等の導入効果の検討に向け、空港容量と密接な管制間隔を視程、向い風等の気象条件の視点から評価した結果を報告する。
○吉原 貴之、藤井 直樹(航法システム領域)、瀬之口 敦(航空交通管理領域)
講演概要(396KB)
プレゼン資料(1.40MB)
12 地上型衛星航法補強システムの可搬型性能評価装置 現在、地上型衛星航法補強システム(GBAS)の可搬型運用性能評価装置を開発している。その概要について述べる。
○齊藤 真二、齋藤 享、吉原 貴之、福島 荘之介、毛塚 敦(航法システム領域)
講演概要(3.02MB)
プレゼン資料(4.77MB)
13 アジア太平洋地域GBAS電離圏脅威モデル ICAOアジア太平洋地域において当所が主導して開発したGBAS電離圏脅威モデルを紹介し、我が国への適用について考察する。
○齋藤 享、吉原 貴之、坂井 丈泰(航法システム領域)
講演概要(734KB)
プレゼン資料(3.19MB)
14 スポラディックE層が航空通信・航法に与える影響の評価 細川 敬祐(電気通信大学大学院情報理工学研究科)
冨澤 一郎(電気通信大学 宇宙・電磁環境研究センター)
坂井 純(電気通信大学 宇宙・電磁環境研究センター)
齋藤 享(航法システム領域)

航空用VHF電波の長期観測データを解析し、スポラディックE層の発生に伴うVHF波の長距離異常が航空航法システムに与える影響を評価した結果を報告する。
講演概要(1.28MB)
プレゼン資料(2.62MB)
15 飛行検査データを活用したDMEの誤差解析 我が国における将来的なAPNTの構築にあたり、まずはGNSS障害時に現状使用されるDME の性能について解析したため、報告する。
○毛塚 敦、斉藤 真二、麻生 貴広、福島 荘之介(航法システム領域)
講演概要(591KB)
プレゼン資料(1.35MB)

公募型研究成果ポスター発表

安全間隔を考慮したCCO(継続上昇運航)の研究 上野誠也(横浜国立大学) 資料(ポスター)(411KB)
ページトップへ戻る