用語集 プレスリリース 案内図 採用情報 FAQ お問い合わせ
HOME > 成果普及 > 研究発表会 > 2003年 研究発表会
成果普及 研究発表会

研究所報告

研究発表会

特許

国際標準化活動

ICAO

RTCA ◆ EUROCAE

2003年(第3回)研究発表会

第1日 平成15年6月5日(木)
通信に関する研究
航法に関する研究

第2日 平成15年6月6日(金)
監視に関する研究
航空交通管理等に関する研究


Adobe Readerのダウンロード PDF形式のファイルをご覧になるにはAdobe Reader が必要です。
まだお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
※PDFファイルをお使いのパソコンに保存したい方は、一覧表のPDFアイコンを右クリックし「対象をファイルに保存」から、お使いのパソコンに保存して下さい。

通信に関する研究
番号 題目/講演者
容量
1 1030/1090MHz信号の復号方式の改善 PDFファイルダウンロード
43KB
古賀 禎(電子航法開発部)
モードS・スキッタなどで使用されている1030/1090MHz帯信号の復号方式の改善について報告した。
2 VDLモード3の電波干渉実験 PDFファイルダウンロード
213KB
北折 潤・中谷泰欣・加藤 敏(航空システム部)、塩地 誠(管制システム部)津田 良雄(早稲田大学大学院)
現用VHF無線電話装置と当所製作のVHFディジタルリンク(VDL)モード3装置を使った電波干渉実験の概要とその結果について報告した。
3 ATNのセキュリティ対策 PDFファイルダウンロード
183KB
板野 賢(航空システム部)、塩見格一(管制システム部)
2000年のICAO標準及び勧告方式(SARPs)改訂に伴ない、航空通信網(ATN)にもセキュリティ要件が盛り込まれた。本講演では、ATNのセキュリティの概要と当所での開発状況について報告した。
4 CDMAによる効率的な緊急通信方式 PDFファイルダウンロード
79KB
金田 直樹・塩見 格一(管制システム部)
CDMA方式を用いた場合の緊急通信方式について検討を行い,通信路容量を効率良く使い,かつ簡素な方式を提案したので発表した。
5 ミリ波対応電波無響室の特性 PDFファイルダウンロード
228KB
米本 成人・小瀬木滋・山本 憲夫(電子航法開発部)、山田 公男(元電子航法開発部)
平成14年2月竣工の電波無響室について、その概要を紹介した。また、竣工後の電波無響室の電波吸収特性について報告した。
航法に関する研究
番号 題目/講演者
容量
積雪によるGPパスの空間誤差評価のための飛行実験 PDFファイルダウンロード
224KB
横山 尚志・朝倉道弘・田嶋 裕久(電子航法開発部)
増位和也・石川 和敏・富田 博史(航空宇宙技術研究所)
青森空港グライド・パス(GP)反射面の積雪形状・雪質によるGPパス空間誤差を評価するための航空宇宙技術研究所の航空機を用いた飛行実験の概要を報告した。
7 EVS実験における景観と3D−CGのHUD融合 PDFファイルダウンロード
82KB
住谷 泰人(衛星技術部)、小瀬木滋(電子航法開発部)、白川 昌之(管制システム部)
視界援助システム(EVS)の画像融合法の研究のため、飛行実験で取得した種々の情報に基づく景観と3D画像をヘッド・アップ表示器(HUD)で融合させた結果を報告した。
8 空港シュードライトの対流圏遅延誤差の検討 PDFファイルダウンロード
327KB
福島 荘之介・齊藤真二・藤井 直樹(航空システム部)須賀秀一・角田寛人(東芝 情報・社会システム社)
飛行実験により空港シュードライト(擬似衛星)の対流圏遅延誤差を計測し、補正式と比較検討した結果を報告した。
9 日本付近のGPS信号電離層伝搬遅延 PDFファイルダウンロード
384KB
松永 圭左・星野尾一明(衛星技術部)
静止衛星型衛星航法補強システム(SBAS)で使用される電離層伝播遅延補正量について、日本付近での平面近似精度とその残差を求めたので報告した。
10 干渉波のGPS受信機への影響 PDFファイルダウンロード
44KB
伊藤 実・星野尾一明(衛星技術部)
GPS受信機が連続波(CW)干渉波の周波数、強度で測位値がどのように影響を受けるか、GPSシミュレータを用いて測定したので報告した。
11 準天頂衛星によるGPS補強システムの有効性の検討 PDFファイルダウンロード
236KB
伊藤憲・坂井 丈泰(衛星技術部)
準天頂衛星の概要、準天頂衛星システムに関する動向、準天頂衛星によるGPS測位精度、有効性等の改善に関する検討結果を報告した。
監視に関する研究
番号 題目/講演者
容量
12 障害物探知用赤外線及びミリ波センサの精度 PDFファイルダウンロード
370KB
山本 憲夫・米本成人(電子航法開発部),山田 公男(元電子航法開発部) Shanker Man Shrestha(電気通信大学),安井 英己(IHIエアロスペース),那須 清二(日立エンジニアリング) 根日屋英之(アンプレット),Binh Duong Naguyen・Christian Pichot(ニース大学) ヘリコプタの障害物探知用赤外線カメラやミリ波レーダの探知精度及び同レーダ用アンテナの特性について報告した。
13 1030MHz帯の電磁信号環境予測手法の開発 PDFファイルダウンロード
107KB
小瀬木滋(電子航法開発部)、住谷 泰人(衛星技術部)
航空機の監視に使用される1030MHz帯について、監視性能に影響する信号環境の予測手法の開発状況とその課題を報告した。
14 ACAS受動型測位方式の実験と検討 PDFファイルダウンロード
225KB
田嶋 裕久・古賀禎・小瀬木 滋(電子航法開発部)、坂井 丈泰(衛星技術部)塩見格一・白川 昌之(管制システム部)
新しい監視システムとして、旅客機に搭載されている航空機衝突防止装置(ACAS)の信号を複数箇所で受信し、それらの波形の到着時間差を利用した測位方式の原理と基礎的な実験について報告した。
15 拡張スキッタADS−B受信局の基本特性 PDFファイルダウンロード
1MB
宮崎 裕己・三吉襄(航空システム部)
モードS拡張スキッタ方式の放送型自動従属監視(ADS−B)について、当所で開発を進めている地上受信局の基本特性を報告した。
16 赤外線センサ等による船舶の検知追跡 PDFファイルダウンロード
50KB
矢田 士郎(管制システム部)
赤外線センサ等を用いて船舶を検知追跡する手法について検討し、実験を行って解析した結果について報告した。
航空交通管理等に関する研究
番号 題目/講演者
容量
17 洋上航空路における近接通過頻度の長期的変化 PDFファイルダウンロード
262KB
天井 治・長岡栄(電子航法開発部)
安全性の尺度である衝突危険度の計算に必須となる近接通過頻度について,北太平洋航空路におけるそれの長期的変化を調べた方法と結果を報告した。
18 モンテカルロ法による航空路の衝突危険度推定 PDFファイルダウンロード
154KB
長岡 栄(電子航法開発部)
洋上航空路の縦方向管制間隔を短縮した場合の衝突危険度を、モンテカルロ法に基づいて、推定した方法と結果について報告した。
19 洋上空域の航空機の最適経路の傾向 PDFファイルダウンロード
328KB
福田 豊・福島 幸子(管制システム部)
日本と北米間の洋上空域を飛行する航空機の気象条件を考慮した最短時間経路、最小消費燃料経路等の最適経路の特徴について報告した。
20 航空交通流管理における遅延便交換の検討 −航空路セクタ− PDFファイルダウンロード
113KB
福島 幸子(管制システム部)
混雑時間帯は航空交通流管理により一部の航空機を遅延させ混雑を緩和している。ある便の遅延を回避した場合の影響を検討した。
21 利用者開放型コンセプトによる航空管制卓デザイン PDFファイルダウンロード
47KB
塩見 格一(管制システム部)
利用者によるユーザ・インタフェース部のデザインや機能構成の変更を可能としたシステム開発コンセプトを紹介し、併せてこのコンセプトにより試作した管制卓につき説明した。
22 リアルタイム疲労度評価システム PDFファイルダウンロード
897KB
塩見 格一(管制システム部)、板野賢(航空システム部)
リアルタイムに発話音声から疲労度を評価するシステムを実現したので、その原理と機能について紹介した。
23 AIS情報による海上交通管理システム高度化 PDFファイルダウンロード
351KB
塩地 誠(管制システム部)、水城南海男(元管制システム部)矢内嵩雅・中島 敏和・小林 健・大塚 賢(沖電気工業)
搭載、普及が始まった船舶自動識別装置(AIS)が送信する位置、速度、船名等の船舶の情報を海上交通管理システム(VTS)レーダーに活用する研究について報告した。リアルタイムに発話音声から疲労度を評価するシステムを実現したので、その原理と機能について紹介した。

ページトップへ戻る