用語集 プレスリリース 案内図 採用情報 FAQ お問い合わせ
HOME > プレスリリース > 太陽フレアによる被ばくの脅威から航空機搭乗者を「合理的」に護る
お知らせ 採用情報


太陽フレアによる被ばくの脅威から航空機搭乗者を「合理的」に護る
―経済的損失リスクの定量化により最適な航空機運用指針の策定が可能に―


令和3年9月3日 

 京都大学総合生存学館(思修館) SIC有人宇宙学研究センター山敷庸亮 教授(責任者)、MS&ADインシュアランス グループあいおいニッセイ同和損保(京都大学大学院総合生存学館博士課程認定退学)藤田萌(筆頭著者)、日本原子力研究開発機構(JAEA) 原子力基礎工学研究センター佐藤達彦研究主席(京都大学SIC有人宇宙学研究センター特任教授を兼務)、海上・港湾・航空技術研究所 電子航法研究所(ENRI)斎藤享 上席研究員 らの共同研究グループは、過去2000年間に発生した太陽フレアの頻度と強度、及び最新のシミュレーションにより得られた太陽放射線被ばく線量率の4次元空間時系列データを解析し、太陽放射線被ばくによる航空機運航計画変更に伴う経済的損失リスクの定量化に世界で初めて成功しました。

 当所は太陽フレアに伴う航空機運航コストと欠航に伴う経済コストの評価を担当しました。
 本研究成果は、英学術誌「Scientific Reports」(Nature Research Journal)のオンライン版に掲載されました。

◆ タイトル: Probabilistic Risk Assessment of Solar Particle Events Considering the Cost of Countermeasures to Reduce the Aviation Radiation Dose
(航空機放射線被ばくを軽減するための対策コストを考慮した太陽粒子イベントの確率論的リスク評価)

◆ 著  者: Moe Fujita, Tatsuhiko Sato, Susumu Saito, Yosuke Yamashiki

◆ 掲 載 誌: Scientific Reports   DOI: 10.1038/s41598-021-95235-9
※英学術誌「Scientific Reports」(Nature Research Journal)の
オンライン版

 詳しくは京都大学のプレスリリースをご覧ください。
       https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research-news/2021-09-03a


関連論文:当所では関連して以下の研究成果を発表しています。

  ◆ タイトル: Estimate of economic impact of atmospheric radiation storm associated with solar energetic particle events on aircraft operations
(太陽高エネルギー粒子イベントに伴う放射線嵐が航空機運航に与える経済的影響の評価)
  ◆ 著  者: Susumu Saito, Navinda Kithmal Wickramasinghe, Tatsuhiko Sato, and Daikou Shiota
  ◆ 掲 載 誌: Earth, Planets and Space   DOI: 10.1186/s40623-021-01377-5