ATM/CNSに関する国際ワークショップ (EIWAC) 開催のお知らせ

2009 年 3 月 5, 6 日


電子航法研究所

目的

将来の航空交通管理/航法・通信・監視(ATM/CNS)システムに関する技術情報と意見の交換を図る目的で、 下記の通り国際ワークショップを開催いたします。

テーマ

将来のATM/CNSに向けて(Towards Future ATM/CNS)

概要

名称
ATM/CNSに関する国際ワークショップ
(ENRI International Workshop on ATM/CNS)
開催日
平成21年3月5日(木), 6日(金)
場所
大手町サンケイプラザ
東京都千代田区大手町1-7-2, 東京メトロ大手町駅 E1出口
参加費
無料
登録
こちらからお願いします

 * なお3月5日(木)の講演終了後に会費制の意見交換会を予定しておりますので、是非ご参加ください

プログラム

講演一覧

3月5日(木)(第1日)
はじめに: 13:00-13:30

  開会の辞 (電子航法研究所 理事長  平澤 愛祥)


  来賓ご挨拶 (国土交通省航空局 管制保安部長 室谷正裕様)


講演(1):(同時通訳があります) 13:30-15:00.<司会:長岡 栄 (電子航法研究所)>

  1. SESAR Master Plan (Presentation only)
    (SESARマスタープラン)
    C. Meckiff (EEC:ユーロコントロール実験センター)

  2. NextGen Overview and Update (Presentation only)
    (NextGen の最近の動向)
    J. Merkle (米国 JPDO (Joint Planning and Development Office))

  3. The development of Long-term Roadmap of Future Air Traffic System in Japan (Presentation, Proceeding)
    (将来の航空交通システムの長期ロードマップの構築に向けて)  
    松永 博英(国土交通省航空局)
休憩: 15:00-15:30
講演(2):(同時通訳があります) 15:30-17:30. <司会: 中坪 克行(電子航法研究所)>

  1. ENRI's R&D Long-Term Vision (Presentation, Proceeding)
    (電子航法研究所の研究・開発長期ビジョン)
    長岡 栄(電子航法研究所)
  2. The EUROCONTROL Surveillance Strategy (Presentation, Proceeding)
    ((欧州に於ける)監視技術の戦略)
    M. Rees (EUROCONTROL:ユーロコントロール)
  3. Status & Information on the FAA's ADS-B Program (Presentation only)
    (ADS-B計画の現状と参考情報)
    R. Novia(FAA:米国連邦航空局)
  4. Report on the 7th EUROCONTROL Innovative Research Workshop (Presentation, Proceeding)
    (第7回ユーロコントロール革新的研究ワークショップの報告)
    C. Meckiff (EEC:ユーロコントロール実験センター)

意見交換会: 18:00

3月6日(金)(第2日)
午前の部: 9:30-12:30
Room 1:(同時通訳があります) : [トラジェクトリ管理]
<司会:山本 憲夫(電子航法研究所)>
Room 2:(通訳はありません) [CNS:イネーブラーについて]
<司会:伊藤 憲(電子航法研究所)>

  1. Trajectory Optimization for Safe, Clean and Quiet Flight (Presentation, Proceeding)
    (安全、清浄、かつ静かな飛行のためのトラジェクトリの最適化)
    鈴木 真二(東京大学)

  2. Separation Assurance in the Future Air Traffic System (Presentation, Proceeding)
    (将来の航空交通システムにおける航空機間隔保証)
    H. Erzberger (Univ. of California, SC)

  3. Trajectory Management for Aircraft Noise Mitigation (Presentation, Proceeding)
    (航空機の騒音緩和のためのトラジェクトリ管理)
    X. Prats (Tech. Univ. of Catalonia)

  4. New Trends in Air Traffic Complexity (Presentation, Proceeding)
    (航空交通の複雑性についての新しい傾向)>
    S. Puechmorel et al (ENAC:Ecole Nationale de I'Aviation Civile)

  5. Study on Trajectory Prediction Model (Presentation, Proceeding)
    (トラジェクトリ予測モデルについて)
    福田 豊(電子航法研究所)


  1. ASAS Key Issues: from concept to implementation, questions and possible answers (Presentation, Proceeding)
    (ASASについて概念から実施までの主要事項、課題とその解決策)
    J-M. Loscos(DSNA/DTI)

  2. Mode S related researches in ENRI (Presentation, Proceeding)
    (電子航法研究所に於けるモードS関連研究)
    古賀 禎(電子航法研究所)

  3. SWIM (Presentation only)
    (システム規模の情報管理)
    J. Merkle (米国 JPDO)

  4. EUROCONTROL Policy on GNSS in Europe (Presentation, Proceeding)
    (ヨーロッパに於ける衛星航法についてのユーロコントロールの方針)
    M. Rees (EUROCONTROL)

  5. Perspectives on Global Navigation Satellite Systems (Presentation, Proceeding)
    (将来のATMイネーブラーとしてのGNSSのあり方について)
    工藤 正博(電子航法研究所)

休憩: 12:30-13:30
午後の部: 13:30-16:30
Room 1 (同時通訳があります) : [空港管理およびパフォーマンス]
<司会:福田 豊(電子航法研究所)>
Room 2 (通訳はありません) : [安全性、ヒューマンファクタ関連 ]
<司会:小瀬木 滋(電子航法研究所)>

  1. Steps Towards the Virtual Tower: Remote Airport Traffic Control Center (Presentation, Proceeding)
    (仮想管制塔へのステップ:遠隔空港交通管制センター)
    Norbert Fuerstenau (DLR)

  2. Applying Cognitive Work Analysis to Study Airport Collaborative Decision Making Design (Presentation, Proceeding)
    (空港における協調的意思決定(CDM)設計への認知業務分析適用)
    Matthias Groppe et al (Cranfield Univ.)

  3. Total Airport Management as the Enabler for SESAR Collaborative Airport Planning (Presentation, Proceeding)
    (SESARの協調的空港計画を実現するものとしての空港総合管理)
    Florian Piekert (DLR)

  4. A Case Study of Operational Delay at Japanese Airports (Presentation, Proceeding)
    (日本の空港に於ける運用上の遅延についてのケーススタディ)
    蔭山 康太(電子航法研究所)


  1. Human-Machine Collaboration for Safety and Comfort (Presentation, Proceeding)
    (安全且つ快適のための人間と機械のコラボレーション)
    稲垣 敏之 (筑波大学)

  2. ESARR 5: managing ATCO and ATSEP competences in Europe (Presentation only)
    (ESARR(EUROCONTROL安全規定要件5、ATM業務要員):
    ヨーロッパに於けるATCOとATSEPの能力管理)
    B. Rulleau (フランス大使館)

  3. Frequency of Rare Event Occurrences (Presentation, Proceeding)
    (まれに起こる事象の発生頻度)
    藤田 雅人(電子航法研究所)

  4. Development of an Onboard Doppler LIDAR for Flight Safety (Presentation, Proceeding)
    (飛行の安全のための機上搭載ドップラLIDARの開発)
    井之口 浜木(宇宙航空研究開発機構)

  5. A Study on Distributed Cognition for Team Cognitive Process Modeling in ATC (Presentation, Proceeding)
    (分散認知手法を用いた管制官のチーム協調モデルに関する研究)
    井上 諭(電子航法研究所)

各セッションのまとめ(司会)と閉会の辞(電子航法研究所 理事 中坪 克行)

講演なし (Proceedings Only)

主催・後援

主催
独立行政法人電子航法研究所
後援
国土交通省航空局, 日本航空宇宙学会, 電子情報通信学会, 日本航海学会